【CS:GO】AIM練習におすすめの練習マップ4選

スポンサードサーチ




前回の記事「CS:GOでAIM練習をする前に、最低限やっておきたいオススメ設定を教えます!」の続きです。

今回は、実際に「BOT撃ち」と呼ばれる練習モードのやり方を紹介していきます。

BOT撃ちは継続してなんぼの物なので、飽きないように色々なマップに手を出してみるといいと思います!

多い人だと1日1万体。大体の人は1000体くらい撃っているイメージがあります。

 

Steamのワークショップからマップをダウンロードする

Steamでは、ワークショップと呼ばれる「ユーザーが作成したコンテンツ」が沢山あります。

その中から、BOT撃ちに適したマップをダウンロードして使うことで練習が捗るって事ですね。

ただし、多すぎてろくでもないマップも沢山あります。今回は、多数の中から用途別の4つを紹介していきます。

ダウンロード方法は、ワークショップにSteamでログインしてサブスクライブを押すだけ。簡単です。

各場所にワークショップへのリンクが貼ってあるので、そちらからどうぞ。

 

1.AIM_BOTZ

CS:GOを持っていない人でも知っている人が多い、「AIM_BOTZ」。

シンプルなマップで、デフォルト設定では敵が停止して360度にリスポーンしているのが特徴です。

敵が停止している為、狙ったところにaimを合わせる練習にオススメ。

DeToNatorのYamatoNさんが配信で使っていたり、何かと有名なマップです。

ワークショップはこちら。「AIM_BOTZ

YamatoNさんの動画↓

 

2.bot_trainning

AIM_BOTZとは違い、敵が迫ってくるタイプのマップです。個人的には一番好き。

動いている敵を狙うのにオススメなマップです。

ワークショップはこちら。「bot_trainning

bot_trainingの動画↓

3.bot_trainning_dust

bot_trainningの上下があるバージョン。同じ作成者が作っています。

此方は1.2のマップと違い、上下のaimも練習出来るところがポイントです。

ワークショップはこちら。「bot_trainning_dust

4.FAST AIM / REFLEX TRAINNING

360度から敵が迫ってきます。一番難易度が高く、忙しいマップです。

世界でも屈指のAIMer ScreaMが良く使っているマップの為、海外では使っている人が多い印象。日本ではあまり見ないような…?

ワークショップはこちら。「FAST AIM / REFLEX TRAINNING

ScreaMの動画↓

実際にプレーする方法

それでは、上記のマップを使って実際にBOT撃ちをしてみましょう。

1.ロビー画面から、プレイ→「BOTとオフライン」をクリック

 

2.右上の「ワークショップ」をクリック

 

3.プレーしたいマップを選択して、右下の進むをクリック。

 

4.ボット無しを選択して進む

 

5.BOT撃ち、開始!

 

 

まとめ

以上、オススメマップとプレイ方法でした。

継続は力なり。aimは一朝一夕では身につきませんが、続けていれば必ず成果になって返ってきます。

それでは頑張ってください~!

 

スポンサードサーチ