ブリタの携帯型浄水器「フィル&ゴー」が便利でお得!

スポンサードサーチ




 

こんにちは~あまねです!

ここ1年くらい、健康の為にジュースをやめて、水を飲むようにしていました。

ずっとスーパーで2リットルのペットボトルを買って飲んでいたんですが、

重い&持ち運びできない!

ここがマジでネック…。通販で買うと重すぎて特別配送料なるものがかかって、送料でもう1ケース買えるし。

いつもたくさん水を飲むから、500mlのペットボトルじゃ足りないっていうのもあって、水筒にする訳にもいかずに困っていたら、

ブリタのフィル&ゴーに出会った!

いや~めちゃくちゃ便利ですよ!水を外でも飲む人は、相当重宝すると思う。というわけでフィル&ゴーのレビューを書きます!水飲みの方はぜひ。

 

 

 

ブリタとは?

フィル&ゴーを出しているブリタは、ドイツの浄水器メーカーです。

他の浄水器メーカーよりも、味・環境への配慮・手軽さを重視していることが特徴。

ブリタのフィルターは、世界中の一流ブランドのコーヒー店等でも使われている程、味に違いがあるらしい。

私たちは45年以上にわたって、水をおいしい飲み物にするため、貴重な資源である水を最適な状態に保ち、BRITA製品を最高の品質にすることを目標にしてきました。
そしてそれは、これからも変わることはありません。
最高経営責任者、マーカス・ハンカマー

水に対してのこだわりがすごい。

 

フィル&ゴーの概要

”浄水器を携帯する”という新習慣。

  • 味を損なう塩素などの物質を除去
  • ディスク1枚で150リットルの水をろ過、または4週間まで使用可能
  • 1ℓあたりの値段は約4.5円
  • プラスチック使用量の削減に貢献し、環境に優しい
  • 洗いやすく、食洗機で洗浄可能
  • ドイツの品質とデザインが生んだ、BPAフリー、高品質で丈夫な素材
  • 革新的なMicroDisc技術
  • 容量は600ml
  • 色は4色

フィル&ゴー・アクティブという、アクティブっぽい見た目の種類もあります。

 

フィル&ゴーを使うメリット

個人的に使っていて感じるメリット・効果をいくつか挙げていきます。

安い

一番大きいのはここ!2リットルのペットボトルを買っていたら安くても50円くらいかかるところが、10円くらいになります。

公式では1リットル4.5円らしいので、大体そんなところかな。

ちなみに、ろ過フィルターは4週間か、150リットルをろ過したところで交換が推奨されています。

タイミング忘れそう!と思っていたら、交換タイミングで公式からメールが来た。さすが。

 

買ってこなくていい

2リットル50円で買うには、大体箱買いになると思います。

6本入りで12キロの箱を持って帰るのはツライ…。

その手間が一気になくなります。サイコー!

 

持ち運びができる

2リットルのペットボトルで困っていたのが持ち運び。その頃は500ml炭酸水の空いたやつに入れていたんですが、さすがに手間。

フィル&ゴーなら水道水を入れて持ち運びをするだけなのでめちゃくちゃ快適です。

そういえば1リットル4.5円って書いてあったけど、出先でジュースとか水を買う必要がなくなるから、もっと節約できている感じがする。

 

補充ができる

なくなったら補充ができること!水道水が出ればどこでも補充ができます。さすがにトイレの水とかは抵抗ありますが、公園の水道くらいなら僕はオッケーです。

朝から夕方くらいまで出かけてると、500mlの飲み物じゃ足りないなあと思うんですよね。

そんなときに補充できるっていうのが便利!

 

都合のいいろ過機能

この浄水器、携帯出来るくせにろ過機能がめっちゃ都合いいんですよね。

というのも、

こんな具合に、ミネラル等の、天然水に入っているような栄養素はそのまま通して、塩素などの雑味・不要な物だけろ過してくれます。

更に、飲むタイミングでのろ過なので、浄水時間を待つ必要がないのもポイント。

 

フィル&ゴーのデメリット

メリットの次はデメリット。そこそこあります。

飲み口があけにくい

飲み口のマウスピースがめちゃくちゃ固い。

固い…というより、持ちにくいから力が伝わらなくて開かない、みたいな感じ。

普段感じるデメリットとしてはこれが一番大きい!

蓋を閉めると自動的にマウスピースも閉じるから、何度も開け閉めすることになるから、必然的によく固いなぁ~と感じる。

 

飲み方にコツがいる

飲むときに、吸う感じで飲む必要があること。

自動的に出てきたり、押し出して飲むことができればもっといいのかな…と思うんですが。

でも、その辺の願望はフィル&ゴー・アクティブの方で解決されているらしい。

アクティブだと、素材が柔らかいので押し出す感じで飲めるんですよねえ~ほしい。

見た目と柔らかさ、トレードオフなところが難点か。

 

保冷機能はない

ブリタが常温の水を推奨していることもあり、保冷機能は全くありません。ただのプラスチック。

といっても水を愛飲している人は、少なからず健康を気にしているはずなので常温でも問題ないかな?と思います。

家で冷たい水を飲む分には、冷蔵庫にも入れやすいサイズなのでオッケー。

 

洗いにくい

水筒用のスポンジがないと洗いにくい!中々に深い構造をしているのでまず手は届きません。

マウスピースの部分と本体しかないので、パーツ的には洗いやすい。

食洗器に対応しているのがメリットか。それなら構造はむしろシンプルでいいかもしれない…。

 

まとめ

コスパ・携帯性・味の3つのパフォーマンスはめちゃくちゃ高いので、水飲みにめちゃくちゃ薦めたい。

見た目を気にしないなら、フィル&ゴー・アクティブの方が飲みやすそう…。

ちなみにイオンとか店舗で買うと2000円くらいするのでamazonで買うのがオススメです。

僕は2000円で買いました。ショック。

スポンサードサーチ