【自炊】2019年に買ってよかった便利なキッチンアイテムまとめ!これで料理が楽しくなるぞ!

スポンサードサーチ




さて

実に4ヶ月ぶりの更新になります。お久しぶりです。

2019年も残すところあと1ヶ月ということで、今回は今年買ってよかった便利なキッチンアイテムを紹介しようかなと思います。

というのも、今年の2月より引っ越しをして一人暮らしを始めまして、自炊を始めたところこれがどハマり。今ではお菓子作りにまで手を出してしまっているようなハマりっぷり(笑)

見事に趣味になった料理の必需品から、さらに楽しくしてくれる道具まで紹介するので、ぜひ読んでいってください。

必需品系

まずは必需品系からご紹介。お先に個人的な必需品の選び方を少しお話します。

例えば包丁とまな板は必ず買う事になると思うんですが、

  • 百均の包丁とまな板
  • 3000円の包丁とまな板

この2つを買った場合、どちらの方が料理が楽しくなるだろう?という考え方で買うものを選んでいます。

高級なものは買わないけど、それなりのものは買うスタンスで。

クラシル

こいつがないと始まらない。料理のレシピが30秒〜1分程度の動画にまとめられていて、工程を目でみて理解できます。

引っ越したての自炊初心者がまさかレシピを知っているはずもないので、一から十までこのアプリにお世話になるはず。

クックパッドなんかでもいいと思うんですが、クラシルの方が動画のオシャレさから盛り付けまで、テンション上がるのでおすすめ。

まずはクラシルで美味そうな料理をチェックして、料理へのモチベーションアップ。これがスタートライン。そうでもしなきゃ1人で自炊なんてやってられるか

クラシル - レシピ動画で料理がおいしく作れる

クラシル – レシピ動画で料理がおいしく作れる

dely, Inc.無料posted withアプリーチ

 

アプリを入れなくてもブラウザで見れるので、一度見てみてください。

包丁

料理といえば包丁。包丁といえば料理といった感じですが、ここで百均の包丁なんて買うと切れ味悪すぎてげんなりします。その時点で料理が面倒になるので、2000〜3000円くらいのものを買うのがおすすめ。

さて、実際に買ったものですが

はじめは引っ越し当時にニトリで「本割込み包丁 三徳」を買いました。2000円以下で買えてお手頃。切れ味も抜群で、包丁ってこんなに切れる物なのか・・・と思った記憶があります。

約10ヶ月経った今でもバリバリの現役選手。とはいえ切れ味は間違いなく落ちてくるので、後述する砥石を買うと諸々捗ります。

 

2点目はこちら。

よくYoutuberが使っている全身銀色の包丁です。ニトリの三徳包丁もよく切れて使いやすいんですが、見た目が普通なので気分転換に1本購入しました。

切れ味は同じくらい良いんですが、重いことと冬場は持ち手が冷えること。この2点が気になります。とはいえそれを上回る見た目のスタイリッシュさ。料理が楽しくなります。オススメ。

 

3点目がパン切り包丁。ちょっとリンクが見つからなかったので、amazonの良さげな商品を貼っておきます。

こちらは新顔で、先月購入。ケーキ作りや、パンのカットに役立ちます。

元々は普通の包丁でカットしていたんですが、パンが潰れてしまうのが気になる…ということで購入。見事潰さずにパンをカットできるようになりました。

とはいえ、使用頻度は低め。そもそもパンを切るシュチュエーションがあんまりないことに後から気づいた(爆)

ひとまず包丁は1本、コスパ重視ならニトリの三徳包丁。見た目重視ならamazonの方を選ぶのがオススメ。どちらも3000円以下で購入できるので、好みで選んでもいいかと思います。

 

まな板

お次はまな板。包丁があればこちらも必ず必要です。と、その前に一つ。

ペラペラの柔らかいやつはやめておけ。絶対にだ。

百歩譲って折り曲げて切った具材を鍋に入れやすいのは良いとして、薄い。薄さが手に伝わってとにかく切り心地が悪い。(折り曲げてそのまま入れられんのすげえ!!と思って1回買ったアホ)

残った選択肢は木かプラスチックか。大きさはどれくらいにするか、といった具合ですが、個人的にはプラスチック・大き目が良きかなと。

実際に購入したのはこちらのLサイズ。

裏表で野菜と生物が使い分けができて(するとは言っていない)、大きくて使いやすい、抗菌加工。その割に軽くて洗いやすいので、とても良き。

一人分の料理とはいえ、まな板のスペースは広い方が作業は捗るのでLサイズがオススメ(なぜかMサイズの方が200円高いし)。

まな板置き場が1つ余っているので、木のまな板もほしい。なんて言ったって見た目がいい。あと包丁に優しそう。しらんけど。

こんなまな板とか使ったら、そのまま食器としても使えそうじゃないですか。ほしい。

フライパン・鍋

黙ってティファール。ティファールの6点セットを買えばいい。ちょっとお高い気もする。とはいえ、この6点を安いもので揃えてもせいぜい数千円のケチりだと思うので、こちらを買う方が個人的にはオススメ。

これでこびりつき、劣化のストレスから解放される。これくらいの値段のものの方が、「せっかく買ったし・・・」ってなったり、愛着が湧いたりして良い感じ。

ガス火なら2000円くらい安くなるので、それぞれ対応した方を買うとよき。ぼくはガス火なのに、知らずにIHを買った(爆)

ちょっと大きいかも?と思うかもしれないんですが、作りおきなどを駆使できるようになると大きい方が捗ります。小さい鍋もついているので、案外使い勝手はよき。おすすめ。

調味料系

お次は調味料。言わずもがな必須のアイテムでございます。調味料をある程度揃えておけば、クラシルで出てくるレシピの大半は対応可能。色々なものが作れるので、揃えて良かったと度々思うアイテムです。

よく使う、揃えるべき調味料は以下。(キリがないですが)

おすすめ調味料
  • 醤油
  • みりん
  • 砂糖
  • 塩胡椒
  • にんにくチューブ
  • バター
  • お酢
  • 味の素
  • だしの素
  • ミル付きのブラックペッパー(テンション上がる)
  • 豆板醤
  • コンソメ
  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • オイスターソース
  • ウスターソース
  • 乾燥パセリ(映える)

太字は100%使う、絶対買っておいた方がいい、といったもの。それ以降は使いそうなら、和洋中などに合わせてよしなに。

注意点としては、「すき焼きのたれ」とか「回鍋肉の元」とかの合わせ調味料系は買わないこと。かなり割高になります。

大体の味付けは「醤油」「味噌」「豆板醤」なんかの調味料を合わせて作れるので、こちらを買っておく方がコスパ的に◎。

例えばすき焼きのたれなんかは、

  • しょうゆ 150ml
  •  150ml
  • みりん 150ml
  • 砂糖 30g

これで完成。全然買わなくても作れます。

なくなったら都度買いに行けば良きだと思いますが、初めはAmazonパントリーでまとめ買いするのがオススメ。まとめて揃えようと思うと、結構重いんですよね、調味料って。なのでAmazonさんに届けてもらいましょう。

Amazonパントリーをざっくり言うと、専用用のダンボールに詰められるだけ日用品を買えるサービス、って感じです。調味料以外にもティッシュや歯磨き粉みたいなものも買えちゃいます。どうやらティッシュが人気らしい。

ちなみに僕がはじめに買ったものはこんな感じ。

(クリックで大きくなります)

特売の日まではいかないまでも、普通にスーパーくらいの値段で買えるのでオススメ。

キッチンツール

キッチンツールっていうのは、大まかにこういうものたち。

キッチンツール
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • ボウル
  • ざる
  • おたま
  • フライ返し

料理を色々と便利にしてくれるものです。バラバラで買うのが面倒だったので、Amazonでキッチンツールセットを購入。不便があったらその都度購入でOK。ついでに壁に引っ掛けられるフックも買っておくと◎。

上記のセットに加え、ざるとボウルは以下の2つを購入。

ざるは大きめ、ボウルはガラス製のものがテンション上がって良き。迷った時はYoutuberが持ってそうな奴を選べば間違いない(爆)

ここまで揃えれば料理するには困りません。同期の女の子に「料理趣味なんだよね」と自前のお弁当を見せる準備も万端です。(何?)

食器

さて。

料理は作れるようになった訳ですが、ぜひ食器選びに力を入れて欲しい。「食えればいいでしょ」とセリアで揃えた日には、料理が全く映えなくてげんなりすること間違いなし。

別に高いものを買う必要はないので、黙ってニトリに行くこと。ニトリなら300円くらいでおしゃれな食器がたくさん売ってる。揃えるべきは木の食器、黒い食器系。この2つがあれば大体の料理は映える(爆)

あわせて読みたい

ニトリの食器を大特集☆真似したくなるテーブルコーディネートもご紹介!

もし本当に分からんとなったら、クラシルで自分が作りそうな料理を検索して、盛り付けに使われてる皿の色を見て選べばよき。

あったら便利なもの

でかい冷蔵庫

買うべきはでかい冷蔵庫。一人暮らしだろうが、冷蔵庫は大きいほど便利です。小さいもの、特に一人暮らし用の小さめ冷蔵庫なんかは終了。まとめ買いはできず、冷凍保存もできず、自炊のコスパが下がりまくって勿体ない。あと食材があんまり入れられないと料理のレパートリーが減ってつまらんです。

とはいえファミリー用の馬鹿でかい奴を買う必要はないので、メルカリとかで良さげなサイズのものを買うと◎。新品は高いので中古でも良きかなと。気になる人はAmazonではなくビッグカメラで買うと、ポイントが10%つくのでお得。

1人〜2人暮らしならこれくらいのサイズ感が良さげ。4000ポイントももらえて設置までしてもらえる…すごい。

ちなみに僕はたまたま譲っていただいたドデカい冷蔵庫を使ってるんですが、流石にコスパが悪すぎてオススメできない(爆)

みじん切り機

調理の中でも面倒なみじん切りを、お手軽にしてくれるアイテム。ハンバーグとかミートソース作るときに役立つのでオススメ。

ざく切りにした食材を入れて、紐を10回くらい引けばみじん切り完了。粗さも回数で調節できてよき感じ。百均で300円くらいで買えるらしいんですが、探すのも面倒なのでAmazonで買いました。

こういう「頑張れば自分でできる系」は買うものと買わないものの取捨選択が難しい…。ふとした瞬間にゆで卵輪切りにするやつとか買いそうになる。(爆)

ハンドミキサー

メレンゲ作り、「頑張れば自分でできる」と思っていた時期が僕にもありました。(1回だけな)

一度手作業で作ってみたら無事死亡。腕はボロカスに疲れた上に、ケーキの出来も微妙という散々な結果になってしまったので購入。

ケーキ用の泡立て器か1000円くらい、ハンドミキサーが1800円と悩む余地なし(爆)

こちらを購入。

スイーツ系では最強に役立つ…。何よりホットケーキミックスを使わずに、ふわふわのパンケーキが作れる。こういうやつ。

はかり

これもおかし作りに使うことが多いけど、たまに料理でも使います。

用途はそのまま、グラム数を計る(爆)。電子かそうでないかだけど、0gに手動で合わせるのは面倒くさすぎたので圧倒的に電子がおすすめ。(またいらん方買ってる)

1000円くらいなのでこれを購入。実家でも使ってた記憶があるので即決で購入、そつなく便利。

冷凍容器

ジップロックと、セリアの冷凍容器を利用。

特に一人暮らしでご飯を毎回炊くのは非常にめんどうなので、ご飯を1膳分冷凍できる容器があると捗ります。

引用:https://ameblo.jp/autumn-comfortablelife/entry-12447990854.html

まとめ買いしてきた大量のお肉は、サランラップで包み、平らにしてジップロックで冷凍。これで1ヶ月は余裕で食べられます。食べる時はレンジで解凍して調理。

どうやら野菜も冷凍できるらしいとのことなので、最近は冷凍してみているけど…まだ分からない(爆)

レンジでパスタが作れる容器

これがあれば最強のレシピが作れる。こちら。

何度お世話になったかわからないほど食べた。人が来たときに振る舞う料理にも最適。めちゃくちゃ美味いので、まるで料理が上手くなったかのような錯覚を覚える(爆)

クラシルのレシピもそうだけど、美味い料理を簡単に作るレシピを探すのが続けるコツかもしれない。2時間煮込むとか無理なので。

繰り返し使えるキッチンペーパー

これは引っ越してきて一番の発見かもしれないと本気で思う。本気で便利。キッチンペーパーの概念を頭から尻尾までひっくり返すシロモノ(何?)

約300円で61カット、これで大体4〜5ヶ月くらいは保つ。新しいカットを食器拭きに使い、洗ってシンクの水はねを拭くのに使い、最終的には床拭きにまで使われる始末(爆)

キッチンとは関係ないけど、クイックルワイパーに取り付けて使うと見事にフィットする。騙されたと思って1ロール買ってみてほしい。こちらもパントリーで購入できると思うので、調味料と合わせて買うと良き。

研ぎ機

最後は研ぎ機。やっぱり料理で一番触れるのは包丁なので、長持ちさせるために購入。切れ味もよくて気持ちがいいし、使っているうちに愛着も湧いてくる。

ひとまず使っている包丁にあったものを購入。1000円くらいなので非常にコスパ◎。最近買ったばかりなので劣化などはわからないけど、長く使えそうでよき。

まとめ

いかがだったでしょうか!

こんな具合で、色々なキッチンツールを取り揃えた2019年でした。

全て揃えるとそれなりの金額になると思うので、必要になったときに都度購入して楽しい料理ライフを送れればいいかなと思っております。

どうでもいいんですけど、Amazonの段ボール本気で小さくならないかな…もしくは誰かもらってほしい…捨てるの面倒くさい….

おわり

スポンサードサーチ