タイピングゲーム「寿司打」の平均は?平均超えのコツを教えるよ!

スポンサードサーチ




ゴールデンウィーク真っ只中、弟が何やら面白いタイピングゲームを持ってきた。その名も寿司打。サイトはこちら。「寿司打

流れてきた文章をタイピングするだけの簡単なゲーム。

今の高校生はこのゲームでタイピングの練習をしているらしい。時代を感じるなあ

 

そして弟が持ってきた動画がこれ。↓

ということでやってみた。

寿司打で高得点を取るコツ

ブラインドタッチ

高級コースだと、1文が長い。

「犬も歩けば棒にあたる」とか、「無知は時として罪になる」みたいな見ながらじゃないと打ちにくい問題が多い。

しかも寿司が流れていってしまうと無得点になるからブラインドタッチのスピード・正確性は大事。

 

ミスタイプを減らす

このゲームでは、正確なタイピングを続けているとボーナスゲージが溜まっていく。

そのゲージが溜まると制限時間が1秒追加、2秒追加・・・という感じ。

ミスタイプでゲージ0からやり直しになってしまうのでスコアが出しにくい。

なのでミスタイプを減らすことが大事!

 

打ちやすい文章が出る

寿司打で高得点を狙うには、運にも味方されないといけない。

正確には、運が悪くても高得点は狙える。けど打ちやすい文章の方がキモチイイ!(何)

「単純に」→ 「tanjunnni」みたいに、nが3個続くようなのはスピードも落ちるし打ちにくい。

「赤パジャマ、青パジャマ、黄パジャマ」なんてのが出てきたときには指が固まってしまう・・・w

 

 

マジでヤベー奴

上の動画の人も十分速いと思うんだけど、上には上がいた。

コレはヤバイ。超えられる気がしない・・・w

( ゚д゚) ・・・ 
  
(つд⊂)ゴシゴシ 
  
(;゚д゚) ・・・ 
  
(つд⊂)ゴシゴシゴシ 
  _, ._ 
(;゚ Д゚) …!?

107皿・・・?

90皿で数字がカンストして動かなくなってるからね・・・もう訳が分からない。

タイプ数2000オーバー。手元を見てみたらもっと驚いた。

 

(  Д ) ⊙ ⊙

 

スポンサードサーチ